ブログトップ

漕ぐログ -川遊び犬solaがカヌーで下った漕行記-

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

5/25.成瀬川(下コース)

東北地方全般で囁かれているこの春の渇水傾向。
成瀬川も逆らうことなく雪代の増水期は終わってしまったようです。曇天にもかかわらず山肌を覆う新緑は目に眩しいくらいで、残雪は全く見当たりません。
青葉A-1@なみのこさんのガイドによる下見を終えてから、合居川との合流地点にあるじょうか公園からスタートとなりました。
f0161874_2241910.jpg
【リズミカルな瀬に乗って気分上々♪】

瀬を終えると木の生い茂った中州が現れ(浅いが広い右岸ルートを通過)中州が終わった辺りから取水堰堤のバックウォーターです。堰堤の左岸端は岩を積み上げたような階段状になっていますが、安全を優先し右岸からポーテージしました。
その後は、1級程度の瀬とトロ場を繰り返します。時より右岸から滝が流れ落ちて来ますが、灌漑用水も混じっているようで清冽な感じはありません。
両岸の新緑に混じってヤマフジやモクレンの花が、田植えの時期を知らせるかのように咲いていました。
f0161874_22164684.jpg
【薄紫色のアクセント】

出発から50分程で2ヵ所目の取水堰堤に到着です。今度は左岸をポーテージ。先ほどの堰堤と同じように左岸端は岩を積み上げて階段状になっています。魚道の一種なのでしょうか。もしそうだとすれば鳥にとっては絶好のエサ場になること間違いナシですね。
2度目のポーテージを終えた我々を待っていたのは、落差5,60センチ程のスロープ状の落ち込み。この前半部最後のご馳走を笑顔でクリアして、程なく肴沢橋へ出ました。ここまで約1時間です。
f0161874_22191995.jpg
【思わず顔が弛みます】


後半に続く...
[PR]
by canoe-dog | 2008-05-25 22:00 | 成瀬川

5/18.桂川ロゥアーロングコース

桂川どすえ...て京都嵐山ではありません。風林火山〜甲斐の国の話です。
昨秋以降、関東一円のカヌー野郎に注目された桂川。やがて水量の減少とともに爆発的な人気は落ち着いたようですが、今もって「増水まだ?」と虎視眈々と狙われているとか。アクセスが良い割に秘境感アリ、水嵩が増せば4級の瀬のスリルあり、水質もそこそこ清潔感アリ、とアリアリづくしで人気は衰えそうにありません。
何を血迷ったかソラボス&犬ソラ。思い立ったが吉日とばかりに、気がついたらお土産用の萩の月を抱えて東北道を南下していました。

TAKEさん&Jetくんとの深夜に及ぶ入念なミーティングを終えて仮眠。翌朝集まったメンバーはActonさん、ロミさん&Momoちゃん。合わせて4人プラス3匹。プットインの猿橋近隣公園には、ズラリと赤・青・黄・緑の4色のダッキーが勢揃い...見事です。

この猿橋。橋桁をいっさい使っていない珍しい橋で、日本三奇橋と呼ばれています。猿橋と言えば“猿橋バス停付近”しか知らないオレって(; ;)
f0161874_19152185.jpg
【木々に遮られて良く見えないのが残念】


ダッキーチームあひるBros.のホームゲレンデへ殴り込みだWAN!
[PR]
by canoe-dog | 2008-05-18 23:23 | 桂川

5/11.歴史感じる広瀬川

「奥新川水なさすぎ!」の情報を得て近場Bros.に変更。広瀬川・市内コースへ。
在仙カヤッカーには漕ぎ飽きた感もあるこのコースも、私には三居沢からのプットインはこれが初めて。澱橋から下流もほぼ一年ぶりで、未だ新鮮です。

このコースは、街中にありながら自然の豊かさを実感できる意外性が“ウリ”。
また、点在する旧跡にかつてを偲ぶのも“オツ”なもの。あちらこちらの瀬や淵に仙台市民にとって慣れ親しんだ名前がついています。さすが市民自慢の川だけありますね。「広瀬川ぁ〜流れる♪」もういいって。

蔦の絡まる大橋を過ぎた下流に仙台の新名所発見。政宗公を探せっ!
f0161874_1939841.jpg
《“政宗ビュー”》


見つかりました?
[PR]
by canoe-dog | 2008-05-11 21:46 | 広瀬川

5/5.魚野川(六日町〜浦佐)

前日の惨敗..落ち武者となった我々は国境の山を越え、雪国まいたけの里へ逃げ込んだのであった。
f0161874_20283783.gif



【Data】魚野川(六日町→浦佐)距離約?キロ / 時間13時10分〜15時
水位158.03〜.04m(六日町)/ 水温9度 / 天候曇り&小雨 / 気温23度 / 風1〜2m / 《川地図》

【Member】TAKEさん&JET、ロミさん、サチさん、すじぽん、TETSUチャン&ノリさん、FCK元さん&串くん、犬ソラ&鬼嫁ちゃん&ボス
[PR]
by canoe-dog | 2008-05-05 20:07 | 魚野川

5/4.利根川(月夜野)その2

「無謀カヌー〜増水中の川で○名行方不明〜」
こんな見出しで報道されるところでした。
f0161874_13325486.gif
《月夜野橋までは何とか持ち堪えたが..》

月夜野橋の下流右岸。ORINOCOとSotak2が先に進むのをみて、こちらもリスタート。
(だったのか?それともいつの間にやら流され始めたのか?今もって記憶は曖昧。)
その先、右岸寄り正面にテトラ(岩だったのかもしれない)が水面より数十センチ露出している。
気がつけば我々は明らかに流心寄りに位置しており、無理をしてでも右岸ベタに回り込むか?いや、このまま思い切って流心側に飛び込むか?
迷いが生じたホンの一瞬。どんどんテトラが急接近し、あっという間にブローチング(ラッピング?)。途端につじぽん流出。強烈な水圧に押され何も出来ずに自分も放り出されてしまった。

身体は物凄い力で水中に引き摺り込まれ、上下に浮き沈みを繰り返し息継ぎが上手くできない。

長くなりますが..
[PR]
by canoe-dog | 2008-05-04 23:24 | 利根川

5/4.利根川(月夜野)その1

早朝、テン場の撤収作業を終えた頃ラナパパ一家が到着。いらっしゃるとは知らなかったので、突然のサプライズに犬ソラ大はしゃぎ&ソラボス大感激(数年前、webで“わんことカヌー”と出会った時の感動は未だ忘れられません)。

流石ラナパパ。ここに来るまでの間に粗方下見を済ませたようで、紅葉峡は論外。水上峡、諏訪峡も無理と判断。一同ぞろぞろと銚子橋下右岸へ移動する。
f0161874_1824552.jpg
《ワンコのオフ会か?》

歩いて諏訪峡に行ってみると...身の毛もよだつ豪快な流れ。マイナスイオンが目にしみる・・・どころか五臓六腑に沁み渡るほどに強烈。
経験者ラナパパ&TAKEさん&TETSUチャン協議の結果、
「ここからスタートは危険。矢瀬橋から下流を下って様子をみましょう」と相成りました。

いよいよスタート
[PR]
by canoe-dog | 2008-05-04 20:05 | 利根川

5/3〜5.あひるBros.みなかみガッシュクの巻

待ちに待ったGW。ま、オイラは年がら年中休日なんすケドね。
貧乏暇なしボスの数少ない長期休暇(っても暦通りだぞ)を使って、今年は群馬へレッツらGo!

f0161874_13431287.gif
《クルマでもカヌーでも爆睡》

いやぁロングドライブは溜まりませんなぁ。
下り線の渋滞をよそに、我ら南下組はスイスイス〜っ。

ラーメンの"かほり"に誘われて?佐野藤岡ICで下りる。
何のリサーチもなく、行き当たりばったりで佐野の市街地へ。
会津・喜多方のように町に入ればラーメン屋が点在してると思いきや..意外と少ないんですね。
ようやく見つけた、老舗っぽい暖簾。いい感じの佇まい。その名はクリザキ軒

お味はひと言で言えば、素朴な懐かし味。あっさりなのか?さっぱりなのか?判定は微妙だぞ。
麺はシコシコ。青竹手打ちの気合いが歯ごたえに伝わって来ました。この辺りが佐野ラーメンの神髄なんでしょう。ラーメン550円也。

北関東〜関越を経由して月夜野ICで下りると既に4時過ぎ。
今夜のテン場も決まらず胸中焦りながらも、しっかり利根川の流れをチェック。マイナスイオンをまき散らしながら、どどどっどばーーーっ!の轟音。なかなか..もとい、かなりの迫力デス。こりゃ想像を遥かに超えてるゾ。

結局、集合場所の道の駅・水紀行館駐車場で幕営。
ほっとひと安心の後は、射的やスマートボールの遊技場が賑わいをみせ情緒溢れる温泉街をぶらぶら散策。食堂フライパンで夕飯を食べ(フライパンさんの洋食屋と定食屋が混じったような、何とも言えない味わいがNice!!)、ふれあい交流館の狭いお風呂(大人550円)で汗を流し、大満足。

サンモールで買い物をしているとTAKEさんから「着いたよ~」の電話。TAKEさんと再会を喜び、サチさんとはじめましてのご挨拶。
遅れてTETSUちゃん到着。開口一番「歯が痛い(ToT)」こりゃどうなる?みなかみ合宿。

肝心要の川下りは“明日のこころだ〜〜っ”
[PR]
by canoe-dog | 2008-05-03 23:24