ブログトップ

漕ぐログ -川遊び犬solaがカヌーで下った漕行記-

カテゴリ:伊南川( 4 )

10/18.紅葉燃盛檜枝岐

【Data】《伊南川》(嫁郷9:50〜屏風岩11:00~越郷沢出合13:20)/ 水位0.11m(浜野)/ 天候・晴 / 気温20度くらい /【Member】元やん、柿の種仙人さん、へたっぴカヤッカーさん、ぺーさん、ナスミン

今年の秋は例年よりも10日から2週間ほど早いようです。紅葉サイコー!絶好のスイム日和でした。
f0161874_21463263.jpg

プットインで準備していると、干し藁を軽トラに荷上げしていた老夫婦から「川まで降りんの大変だなー」的な言葉を掛けていただきました。
見慣れぬ集団にイエローカードか?と思いきや、、、国道から檜枝岐川に向かって下草が刈られてあるのですが「川まで刈ったら良かったなー」と、河原の笹藪には手付かずとなっていることを気になさっている様子。なんて優しい人でしょう。

聞けば国道脇の畑を所有されている方でした。
多くのカヤッカーがここを使わせて貰っていると謝意を伝えると共に今後も通過の承諾を戴きました。お名前も聞かずに失礼しましたが、軽トラは上流に帰って行きましたので檜枝岐にお住まいのようです。御礼と言えるかどうか分かりませんが、檜枝岐で蕎麦を食べ、温泉に浸かって、JAスタンドで給油して下さるだけでも有り難い。そうそうこのGS、村唯一のスタンドを存続するために自治体が1リットル当たり10円を補助しているとか。とっても安いです。

f0161874_21462296.jpg
前置きが長くなりましたが、アッパー区間の下コースからプットイン。
屏風岩ドロップ手前の階段状の瀬とS字ねじりを回避した以外は漕破したものの3回ほど脱りました。スイミング後はバテバテで日頃の運動不足を痛感。写真は元やんと柿の種仙人さんから拝借しました。ありがとうございます。


More
[PR]
by canoe-dog | 2015-10-18 22:41 | 伊南川

10/24.うっすら紅葉檜枝岐川

檜枝岐川から帰ってから体調が今ひとつ優れません。
始めは筋肉痛だろうと思っていましたが軽い風邪のような気もするので、用心のために風邪薬を飲んでいます。
用心のために薬を飲むのは間違った用法のような気もしますが「病は気から」です。


さて、先日、多摩川Runnerさんから檜枝岐川を下りましょうとお誘い頂きました。
東京にお住まいの多摩川Runnerさんとは普段は一緒に漕ぐことは出来ませんが、こうして声を掛けて頂けるとはとても嬉しいものです。
勿論私一人では案内出来る筈がありませんので、経験豊富な元やんに助けを求めました。
こんな時に二つ返事で快諾してくれるところが、元やんの、元やんたる、元やんらしいところです。

週末を前にして「紅葉が始まりました」「天気予報は晴れ」との情報を得ました。
青空を背景に山肌に映える赤橙黄のグラデーションが頭に浮かび、弥が上にも期待で胸が膨らみます。
f0161874_23274785.gif


つづく
[PR]
by canoe-dog | 2010-10-24 23:06 | 伊南川

9/19.ラナパパ100本〜伊南川(檜枝岐川)

わんことカヌーのラナパパさんが、今月上旬に98河川の川を下りました。
記念すべき100本にカウントダウン開始!と思っていたところに元やんから
「檜枝岐で100本目を下って一緒に祝おうじゃないか」
とのお誘い。こりゃ面白いコトになって来たぞー。

この日の主賓ラナパパ、お久しぶりの川人@牧さん、そしていつもの元やんの4人で
屏風岩S字滝の直下からプットイン。
ラナパパの視線がS字滝に釘付けだったのは気のせい?・・・じゃないでしょう。
この人、次回はチャレンジすること間違いありません。
f0161874_2242525.gif

スタートしてすぐにカエル跳びの瀬・・早速ヤラレちまいました。3人は難なくクリア。
小豆温泉の吊り橋を過ぎる頃には、心臓も落ち着き始め、辺りの景色を楽しむ余裕も。
この辺りが黄金の1マイルと呼ばれる区間でしょうか。紅葉の時期には見事な錦秋の回廊に
なりそうです。

次の難関、イナズマドロップは鼻からポーテージと決めていますが、なかなか姿を見せません。今日のガイド元やんに聞くと、「この先・・・」「次の・・・」。マッタクアテになりません。
そのイナズマドロップでは、リンクスからラナを降ろして、ラナパパがクリア。続いて、牧さんのプリヨン艇を拝借して元やんもクリア。安全を人から借りるのが上手いっ!

8月に下った元やんは、イナズマから500メートル程度下流の地点でテイクアウトしているので、そこから先はココにいる4人中誰も見たことのない流れの中を下ることに。
右岸から越郷沢が注ぎ込むと、いよいよこの先に堰堤が待ち構えています。

堰堤は右岸からポーテージすることが出来ましたが、この下の瀬もデカイ岩がゴロゴロして複雑な流れ。もう気持ちは折れる寸前。
ラナパパのコース取りを目に焼き付けて、挑みます。最後の岩に引っかかりつつ何とかクリア。あぶねーっ!
f0161874_22584233.gif

この後は小国玉川の雰囲気がプンプン。
スカッと晴れれば、流れもいっそう煌めくでしょう。曇っていてちょっと残念でした。
f0161874_22525212.gif

いよいよ最後の鱒滝。私は迷うことなく鱒滝直上でテイクアウト。
ラナパパと元やんが滝落ちに見事成功し、ラナパパの100本目に花を添えました。
100本制覇おめでとうございます。14年間の努力と挑戦し続ける気持ちに敬服します。

ラナママから「100河川の次は100名山にしよう」との声が上がりましたが、
ラナパパは聞いていたのかどうか・・・次の目標は200本だって!(笑)

【Data】伊南川(屏風岩S字滝~鱒滝・約5キロ)/ 水位0.69m(浜野) / 水温不明 / 天候曇り / 気温20度くらい? / 《川地図》 / S字滝10:20頃→鱒滝12:30頃→鱒滝下流13:00頃
[PR]
by canoe-dog | 2010-09-19 22:40 | 伊南川

伊南川下見

水位・浜野観測所

黒谷川を諦めてUターンし、伊南川本流を遡りました。時々国道を折れて橋を渡って様子を伺いながらの移動です。
只見町〜旧南郷村〜旧伊南村と移動するに従って、水は綺麗になっていくように見えます。しかしここでも水量が少なく、快適なダウンリバーは望めないと判断しました。
突然「黒谷川・伊南川がダメなら大川へ移動せよ!」の指令が入り、途中からすっ飛ばして屏風岩へ直行となりました。
大桃地区より上流部になると度胸だけでは手に負えないテクニカルな渓相のようです。
f0161874_21315540.jpg
【小豆温泉付近】


核心部を撮影し早々に退散しました。
f0161874_14462461.jpg
【屏風岩S字滝】


地図はこちらをご覧ください。《川地図》
[PR]
by canoe-dog | 2008-08-15 09:31 | 伊南川

この犬が本物の"ソラ"