ブログトップ

漕ぐログ -川遊び犬solaがカヌーで下った漕行記-

11/2.錦秋の和賀川

恒例となった秋の大沢温泉ツアー。初日はカナディアン、ダッキー、リジットの混合部隊〜計10艇11名の艦隊で秋の和賀川へ。

砂ゆっこ近くの河原よりプットイン。先ほどまでの雨が上がって日射しが嬉しい。雨の影響か?若干濁りが入っているようで極上の清流とまでは行かないが、美しい流れと両岸に迫る紅葉を眺めながらのダウンリバーは贅沢そのもの。時より現れる瀬やホールもフレンドリ〜。春、雪代の豪流(下ったことないケド)とは違った楽しみがある。
f0161874_232951100.gif
【優しい流れに身を任せるように下る】




コンクリートアーチの山室橋の下を潜ると左岸に湖岸公園。階段を昇って足湯に浸かる...極楽極楽。一人残って写真を撮っていると、おばちゃんに「寒ぐねの?」と声を掛けられ立ち話を始めるが、味のある訛り&土地言葉で意味が分からなくて困ったぞ。曖昧な愛想笑いで勘弁して貰う。
f0161874_23301881.gif
【足湯からの眺めもグー】
温泉街を抜け赤いトラスの湯本大橋を過ぎるとまた両岸に自然が戻って来る。サギの営巣木には幾つもの巣があった。隣に立つ木には一つもないのはどういう訳なのだろう。
左岸から湯之沢?が合すると川は大きく左へ湾曲し、流れは右岸に吸い寄せられる。露出した岩や隠れ岩等が水制のように出ているので要注意。流れが落ち着いた頃、程なく吊り橋が見えて焼地台公園に到着。テイクアウト後、上り坂を数百m歩くのがツライ。町役場か西和賀産業公社に相談すれば車止めの鍵を開けてくれるのかもしれない。
f0161874_2330612.gif
【岩手の川のことなら何でも聞いてくれっ!のお二人】

川を案内してくれたメェ〜さんお勧めのお店スーパーオセン(昨今の物価上昇を知らない優良店と呼びたいゼ)にて買い物をしてから今夜の宿大沢温泉へ移動。迂回して県道1号線〜12号線を走るが雨に祟られて景色を見るどころではなかった。

【Data】和賀川(槻沢12:25〜焼地台公園14:15・約4キロ)/ 水位-0.51〜.50m(新町)/ 水温約8度 / 天候雨時々晴れ / 気温約12度/ 川地図
[PR]
by canoe-dog | 2008-11-02 23:28 | 和賀川