ブログトップ

漕ぐログ -川遊び犬solaがカヌーで下った漕行記-

8/16.鬼も笑っちゃう?鬼怒川

鬼怒川レジャー公園にて黒磯カヌークラブのmatsuさんと合流。ライン下りコースを下った経験者が居ない我々のために案内役を買って出て下さった。しかも、事前にライン下りを運営する「鬼怒高原開発株式会社」さんとの折衝までして頂いた模様だった。

ダウンリバーはライン下りと全く同じコースを設定(鬼怒川港〜大瀞港までの約6キロ)。身支度を調えてゴール地点大瀞港近くの駐車場へ移動する。ここもライン下りに使用する和船が積んである所を見ると私有地の様子。許可を得ていなければ駐車は出来ないと思われる。

着替えを置いてからスタート地点へ。お盆休みとあって道は滞りがち。金谷ホテルとニュー岡部の間にあるライン下り乗船場の正面にクルマで乗り入れ、カヤック等の装備を下ろしてから、クルマは有料駐車場(500円/3時間)へ移動する。この間、案内係の人にはとても親切な対応をして頂いた。




ここから地獄の階段落ち。150段だったか200段だったか忘れてしまったが、高低差50m以上の階段を2往復(ダッキー1回、犬ソラ1回)すると疲労困憊。エア入れや移動では仲間の手を煩わせてしまった。観光客からは「犬も一緒に下るんですか?」と応援とも心配とも何とも言えぬ声を掛けられまくる。こちらは息が上がって愛想笑いも出ない。

f0161874_1562274.jpg
【笑顔のダウンリバー】

川で気をつけなければならないのは「遊船優先」。渓谷美を楽しむお客さんへの気遣いから、上流に遊船が見えたらすかさずエディで待機する。
すると、すれ違う船頭さんも笑顔で挨拶を交わしてくれる。


【スタンディングウェーブが心地よい】


ゴール大瀞港の係のおばちゃんが大の犬好きらしく、ここでも親切にして貰う。
川の流れも人もとってもフレンドリーなダウンリバーを堪能することが出来大満足。
matsuさん本当にありがとうございました。
matsuさんによれば、鬼怒川ライン下りとカヤッカーとの友好関係は栃木カヤックセンター・高橋さんのご尽力の賜だそうだ。こういった先人の努力にも感謝申し上げたい。

【Data】鬼怒川(約5.5キロ) / 水位0.28m(小佐越)2.78m(佐貫上)/ 水温24度 / 天候曇り / 気温27度 / 川地図
[PR]
by canoe-dog | 2008-08-16 15:05 | 鬼怒川

この犬が本物の"ソラ"