ブログトップ

漕ぐログ -川遊び犬solaがカヌーで下った漕行記-

5/18.桂川ロゥアーロングコース

桂川どすえ...て京都嵐山ではありません。風林火山〜甲斐の国の話です。
昨秋以降、関東一円のカヌー野郎に注目された桂川。やがて水量の減少とともに爆発的な人気は落ち着いたようですが、今もって「増水まだ?」と虎視眈々と狙われているとか。アクセスが良い割に秘境感アリ、水嵩が増せば4級の瀬のスリルあり、水質もそこそこ清潔感アリ、とアリアリづくしで人気は衰えそうにありません。
何を血迷ったかソラボス&犬ソラ。思い立ったが吉日とばかりに、気がついたらお土産用の萩の月を抱えて東北道を南下していました。

TAKEさん&Jetくんとの深夜に及ぶ入念なミーティングを終えて仮眠。翌朝集まったメンバーはActonさん、ロミさん&Momoちゃん。合わせて4人プラス3匹。プットインの猿橋近隣公園には、ズラリと赤・青・黄・緑の4色のダッキーが勢揃い...見事です。

この猿橋。橋桁をいっさい使っていない珍しい橋で、日本三奇橋と呼ばれています。猿橋と言えば“猿橋バス停付近”しか知らないオレって(; ;)
f0161874_19152185.jpg
【木々に遮られて良く見えないのが残念】




クランク部分を過ぎ宮谷川が注ぐ辺りから本流は川幅を広げ、開放的で日差しが心地よく感じられます。
が、その分浅瀬も多くこの日の水量ではスタック必至!とコース選びに神経を使います。何も考えずノホホ〜ンと下っていると長距離ライニングダウンが待っているのでご注意ください。
f0161874_19153978.jpg
【ガタンゴトン♪と電車も見守ってくれている?】

時より現れる瀬にも緊張を強いられることもなく、のんびり景色を眺めながらのダウンリバー。前夜の雨にも関わらず透明度の高い流れが気持ちよく、パドルを持つ手も軽快です。なんて暢気に下っていると、TAKEさんから「下りて見てみましょう」とスカウティングの指示。
中央に大きな岩が鎮座するこの瀬こそ鳥沢ホール手前の瀬。
f0161874_19155015.jpg
【スルスルスルッとすり抜けて】

f0161874_1916470.jpg
【次はいよいよ鳥沢ホールです】

この日の水量ではやや迫力に欠けるものの、ダッキーでも十分遊べる規模。
これでは増水時にフリースタイルパドラーがワンサカ集まるもの分かる気がします。
万一脱しても下流のトロ場が優しく包み込んでくれる...のもグーですね(残念ながら画像ナシ)。

虹吹橋、下畑橋と過ぎ、疲れが溜まり始めたところで漸くこの日のランチポイント。
ここはショートコースのプットイン地点にも使われ、クルマからのアクセスもそう悪くはありません。デポしておいた器具と食材を使い、この日は焼き肉&TAKEさん持参の産地直送フレッシュ空豆のご馳走でした。
f0161874_21395054.jpg


お腹も満たされて眠気が襲って来ますが、ここからクリークに。
プレリュードの瀬〜キャンプ場の瀬と連続するWWがこのダンリバコースのメインディッシュ。
f0161874_19161894.jpg
【流速が増すとともにアドレナリンも噴出】

f0161874_19163240.jpg
【いっただきま〜す!挨拶とともにいざ突入】
が、またしてもブローチング(>_<)

エアの入れ方が甘かったのか、水の勢いの為せるワザなのか、リンクスはあえなくグニャリと"く"の字に張り付き、下半身の身動きが取れません。固定源のない犬ソラはとっくに桂川の餌食となって消え去ってしまいました。サヨウナラ〜〜

しかも悪いことにここは未だ瀬の途中らしく、すぐ下流にも轟音響く落ち込みが待ち構えています。仕方ない泳ぎますか〜と覚悟を決めて、両手を使ってちから一杯大腿部を引っ張り上げると、何とかサイブレイスから足を外すことが出来ました。間一髪で体勢を立て直し...とは言え再度足を固定する暇はありません。姿勢正しく正座のまんま、次の瀬まで下り終えました。

振り返ると、犬ソラは次の瀬に突入する前に上陸したらしく、向こうの岩の上で困った顔をしてこちらを見つめております。泳いで来い!とは言えず、歩いて回収〜抱っこで降ろしました。

ブローチング中、視界は真横になったまま静止状態。上半身が空中に出ていたから良かったものの、水中に没していたら・・・。一瞬の動きの遅さが運命を分けてしまうワケで、まだまだ修行が足りません。
f0161874_19164582.jpg
【復帰と共に絶叫も復活のActon氏】

梁川橋下の瀬をクリアすると再び両岸に岩肌が迫り幽閑な流れ。漕がなきゃ進まない程のトロトロリバーですがゆったりと景色を楽しめます。
塩瀬大橋を過ぎると右岸がテイクアウト地点。スリルあり笑いありお腹いっぱいの桂川ともお別れです。
f0161874_19165767.jpg
【清流センター下の“ものさし岩”】
この岩が水に没すると息の抜けないダウンリバーbyラナパパになるようです。

【Data】桂川(猿橋→清流センター)距離約12キロ / 時間12時〜18時
水位1.36〜.35m(大月)(1.13〜1.15桂川強瀬)/ 水温14度 / 天候晴れのち曇り / 気温18〜21度 / 風ときより5m前後 / 《川地図》
【Member】TAKEさん&JET、Actonさん、ロミさん、ソラボス&犬ソラ
[PR]
by canoe-dog | 2008-05-18 23:23 | 桂川