ブログトップ

漕ぐログ -川遊び犬solaがカヌーで下った漕行記-

11/3.生いばさんといばホール〜大芦川

あのいばさくさんにお会い出来ました。
今までステッカーやTシャツだけの存在だったいばさくさんが動いたりしゃべったりするんです。本物です。「生」です。感動しました。こんなヘタレな私にも「ハク」がついたような気がしてさらに嬉しくなりました。

字穴橋から見降ろす大芦川は期待に違わぬ清流です。プットインするとキングピンが浮かんでいます。いえ、水に浮かぶのは当たり前のことですが、その透明度ゆえにこれまでに感じたことのない浮遊感です。本当にココに水があるのかどうか?不安になったのでパドルで触って確認しちゃったくらいです。

スタート直後から緊張の連続です。私たちの進入を拒むかの様に岩が立ちはだかります。が、この日最大の関所は釣り堀の仮設橋でした(ポーテージ)。
およそ1時間でいばホールに到着しました。ここから花鳥さんが合流しました。
ホールから10メートルくらい下流の場所に三角岩が鎮座しているので、ロールは早めに上がりましょう。また、右(左岸側)の水面下にも岩があります。沈したら頭をクィッとデッキに近づけましょう。この日は塩沢橋でゴールです。
ひらさん、ツアーリーダー役をありがとうございました。さきむらさん、あら○さん、
いばさん、トロ5さん、花鳥さん、カヌー親父さん、ナスミンさん、元やん、ありがとうございました。これでActonさんがいればサイコーでしたね。

【Data】大芦川(約5キロ)/ 水位0.72m(御弊岩橋) / 気温15度くらい / 水温未測定
/ 天候晴れ / 所要時間(字穴橋10:20頃→11:20頃いばホール11:50頃→塩沢橋12:20頃)
[PR]
by canoe-dog | 2010-11-03 20:11 | 大芦川

この犬が本物の"ソラ"