ブログトップ

漕ぐログ -川遊び犬solaがカヌーで下った漕行記-

5/10.気合い入れて摺上川

およそ一年ぶりの摺上川です。
今回、暴走元やんは気合いが入っていて滝野発電所〜大鳥橋まで上コース全制覇を目指している様子。つられて私も、久しぶりにあのドロップに身を捧げたくなりました・・・元やんの暴走は感染るんデス。

摺ロングへ挑むべく集まったのは、仙台A-1からM客員教授、TETSU、NMTの3名。
対する福島カヌー教会は、元やん&串くんとワタクシの3バカトリオ。

昨年6月に流された苦い想い出のある初っぱなの連続する瀬。
イザとなれば今のオレにはロールがあるのだ!と自分に嘘をつきながら、そろ〜りと入ります。
f0161874_2339169.jpg
激写!byTETSU




ところが、スカウティングなしで突入出来たのはここだけ(ちっさいのは除く)。大小の岩が2重らせん構造のように絡み合った瀬は見通しが悪くスカウティングなしでは怖くて突入出来ない。
もう4回目なのに、どのルートを下れば良いのか思い出せないのは、記憶力の減退のせいだけではなく、余りにもスカウティングが多くて憶えきれないのだ・・・と思いたい。

息の抜けない瀬が続き長いトロ場に入って漸く堰堤のバックウォーターにたどり着いたとひと安心。堰堤上流左岸からカヤックを担いでポテ。
既に心が折れてしまった串くんはここで一人上がることに。デポしておいたクルマに向かう串くんの背中が小さく見えた。

リエントリー後、左へ湾曲する瀬を下り終えると本日のハイライトドロップ。後で画像を見ると、皆、嬉々とした笑顔で飛んでましたね。
f0161874_1452188.gif
激写!byTETSU


皆はイケイケ突進する瀬も慎重に判断しポテをすること数回。ここは大丈夫!と判断した瀬であえなく沈脱。
f0161874_23391074.jpg
激写!byTETSU
皆一同(若干1名を除く)疲れ果ててしまったので、吉川屋より少し上流でテイクアウト(スノーシェッドが目印)。
串くんが待っていてくれなかったら・・・吉川屋のシーブと更に下流の取水堰堤でのポテポテ・・・串くんが「神様」に見えた。

この日の摺上川は、臭い&濁りで水質の悪化が気になった。下流の温泉街と変わらない。どうした?摺上。

【Data】摺上川(滝野発電所〜吉川屋上・約5.5キロ)/ 水位−0.18m(秋庭)放流量約9毎秒トン(摺上川ダム)/ 水温未測定 / 天候曇時々晴 / 気温約25度 / 川地図 / 滝野発電所?→吉川屋上?
[PR]
by canoe-dog | 2009-05-10 23:37 | 摺上川