ブログトップ

漕ぐログ -川遊び犬solaがカヌーで下った漕行記-

2/1.冬晴れ広瀬川

ぅげぇーーーーーーーっ!ヌクヌクと温水プールで遊んでいたら、もう2月!
このペースじゃ、今年は12回しか漕げない(; ;)

過ぎ去った時を振り返っても仕方ないぞ!てことで広瀬川へGo!!
前夜までの雪とはうって変わって冬晴れの広瀬川。水位もそこそこ戻っているとの情報〜あれこれ考えずに今を楽しみまっせーっ!

まずはこのコース定番のカジカホールで身体を温める。
ここに来る度、脳裏を過ぎるのは3年前の悪夢。
その前年秋にカヌーを始めたばかりの私にとって初めての広瀬川。
意を決してカヌーに乗り込んだものの、川の流れに浮かんでいるだけで一杯いっぱいでした。
f0161874_21574744.jpg
【3年前の4月のことでした】





スタートして間もなく現れたこのホールで当然のようにあえなく沈脱し、身も心も震え上がり「早くおうちに帰りたい」と半ベソ状態の私に、M御大将から発せられた
「突っ込め!」の有り難きお言葉(-_-メ)
「無茶ぶりもいぃ加減にしてケロ」と思いつつも、初めてお会いした御大に反論することも出来ずに、うつむいたまま時が過ぎるのをジッと我慢したのでありました。
悪夢はここでおしまい。

f0161874_2048181.gif
【写真は燈篭淵手前の瀬...だと思ふ】

さて、悪夢を振り払い、断続的に現れる瀬やホールを楽しみながらのダウンリバー。
「この下のホールが良いよ」
「こっちが素直(な流れ)で乗りやすい瀬"」
「おっ!あっちはどうだべ」
目移りしてこ困っちゃうくらいにソコかしこで瀬遊びが出来て、元やんなんかヨダレが垂れまくって大変なんてもんじゃない。


漕ぎ上がって再挑戦を繰り返していると、寒さは殆ど感じられません。
カヌーを知らないフツーの人から見れば、嘘のように聞こえるかもしれませんが、
サウナスーツを着込んで運動をしている所を想像して貰えれば、ちょっとは理解って貰えるでしょうか。
あぁ、こんなことを説明しちゃうところが、フツーじゃないのね..(゜◇゜)

スルーして漕ぎ急げば1時間弱で済んでしまうところをその倍の時間をかけて遊びまくった広瀬川。
肩や腕に心地よい疲れを感じながら、仲間との川での再会を約束して帰路に着くのでありました。

【Data】広瀬川(河鹿→滝の瀬)距離約4,7キロ / 時間・河鹿11:10→13:10滝の瀬 / 水位0.30〜.31m(落合) / 水温約3度 / 天候晴れ / 気温約4度 《川地図》
【今日のフユバBros.】M客員教授、TANEさん、Tetsuチャン、元やん、人ソラ
[PR]
by canoe-dog | 2009-02-01 20:46 | 広瀬川

この犬が本物の"ソラ"